**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

古事記編纂1300年記念切手

Img_3341kojiki.jpg

古事記編纂1300年を記念して『古事記編纂1300年記念切手』
発行されました。

堂本印象が描いた「木華開耶媛(このはなさくやひめ)」と「火退(ほそけ)」
そして八重垣神社の板絵着色神像の「伝素盞嗚尊(でんすさのおのみこと)]と
「伝稲田姫命(でんいなたひめのみこと)」

古事記との出会いは幼い頃、絵本で読んだ「いなばの白うさぎ」や
「天岩戸」「海幸彦 山幸彦」といったお話。
中でもワクワクしたのが、高天原を追放された須佐之男(スサノオ)命が
“八俣の大蛇”を退治する「八俣の大蛇(やまたのおろち)」でした。

この時、スサノオミコトに命を助けられ結婚をしたのが
「稲田姫」で「櫛名田比売(くしなだひめ)」ともよばれています。

私が持っている古事記の本の口絵になっているのが、今回切手の
図案になった八重垣神社の板絵着色神像「伝稲田姫命」

八つの頭を持ったおそろしい怪物を倒した勇ましい神さま
その神さまに見初められた美しいお姫さまのイメージは
私の中では、この八重垣神社の板絵着色神像にある、
十二単を着た平安美人がそのままインプットされてしまって
いるのです。

7月28日から京都国立博物館ではじまった「大出雲展」では
八重垣神社の板絵着色神像も1点出展されています。

出展リストでは、八重垣神社の板絵着色神像のうちの
どの板絵着色神像かどうかわかりませんが、「伝稲田姫命」
だったらいいなぁと思っています。

00:00 | 日々是好日 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。