**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

興福寺 秋の特別公開 北円堂

正倉院展が幕をあけ、たくさんのひとでにぎわう奈良。
お寺や神社の特別拝観もはじまり、ふだんは見ることのできない
仏様にお会いできる機会です。

IMG_4358koufukuji.jpg

先日、3年ぶりに興福寺の北円堂に行ってきました。
鎌倉時代の仏師運慶がつくった弥勒如来さまや無著・世親さまが
いらっしゃる北円堂。

古代インドに実在し、仏の道を究めようとした兄弟の学問僧を
彫った無著・世親 ふたつの菩薩立像。
遠くを見つけるようなまなざしは、苦悩や悲しみ 目に見えない
心の内まで伝わってきて、いつまでも手をあわせていたくなります。

弥勒如来像、無著菩薩像、世親菩薩像ともに、1212年ころに
完成したそうですから、今年でちょうど800年になるのですね。

800年の時をこえて生き生きと伝わる人間性の深まり。
運慶肖像彫刻の最高傑作といわれる無著・世親菩薩立像の
おさめられた北円堂の特別開扉は11月12日まで。

IMG_4364koufukuji.jpg

伽藍の復興、境内の整備がすすむ興福寺。
町を一望するように、高くそびえたつ五重塔に並んでひときわ
目立つグレーの覆屋の中では、平成30年に落慶予定されている
中金堂の再建工事が行われています。

緑松におおわれ お寺の境内というより公園の一部だったような
興福寺の境内。
真新しい伽藍が立ち並ぶ新しい興福寺は、どんな風景になるので
しょうね。

*興福寺 北円堂特別開扉 ~11月12日まで
00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。