**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「友明堂」でちょっと一服

IMG_5857-cyabana.jpg

季節の花が軽やかに活けられたショーウインドウ
奈良博のお向かいにある「友明堂」さんの前を通りかかるたび
拝見するのを楽しみにしています。

展覧会を観たあとひさしぶりに「友明堂」さんで
ちょっとひとやすみ。

IMG_5861 - cyabana

「友明堂」さんは古美術店ですが、お茶と手作りのお菓子が
いただけます。
古美術に囲まれた店内で、今日はお薄とおぜんざいのセットを
いただいて。

IMG_5891-cyabana.jpg

昨年の淡交テキスト「茶花」で「野の花を求めて」と
「無法庵昔語り」を一年間連載されていた店主の田中昭光さん

簡素で清々しい田中さんのお花には“花は野にあるように”
という利休居子の教えそのままに、自然を慈しむ優しさを
感じられて、学ぶことがたくさん。

思い出深い茶会の話や奈良ゆかりの人の話など、とても興味深く
読ませていただいたので、終わってしまったのが残念です。

IMG_5896-cyabana.jpg

田中昭光さんの著書「野の花を活ける 茶花12か月」は
私のバイブル!
季節がめぐるたびページを開いて、奈良の自然の美しさを
感じています。
00:00 | 奈良を楽しむ | comments (6) | edit | page top↑
刺繍半襟 | top | 新たに修理された文化財

comments

#
ぼくもたま〜に寄らせていただきますが、店主は本も出されてたんですね。
面白そうなので早速アマゾンで注文してしまいました(笑)。
relaxさん | 2013/01/10 21:10 | URL [編集] | page top↑
#
遅ればせながらあけましておめでとうございます。
とっても素敵なお花ですね。我が家には床の間がありませんが、お写真のように塗りのお盆にのせて玄関先に飾るのだと出来そうです。
しをんさんにとって素晴らしい一年になりますよう。。
ブログも楽しみにしております。私のほうはちょっとサボりがちですが、元気にやっております。
悠々さん | 2013/01/10 23:16 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
さん | 2013/01/10 23:28 | URL [編集] | page top↑
# Re: relax さんへ
早速、注文されたんですね~
奈良らしさが溢れたいいご本なので、きっとrelaxさんも
気に入ってくださると思います。

関西では、昨年秋からいい展覧会が目白押しですね。
お茶をたしなむ者には、見逃せないものばかりなので
大変です(笑)
今日もこれから、大阪に行ってまいります。
☆しをんさん | 2013/01/12 09:03 | URL [編集] | page top↑
# Re: 悠々さんへ
明けましておめでとうございます。
こちらこそ、ご無沙汰しております。

悠々さんもお忙しい中ブログも書かれていて
いつも楽しみに読ませていただいています。
関西にお帰りの際は、またお声おかけくさだいね。
☆しをんさん | 2013/01/12 09:06 | URL [編集] | page top↑
# Re:鍵コメさま
初めまして♪
ずっと見てくださっていらっしゃるのですね
ありがとうございます。

まだまだ未熟ですが、私もずっとお稽古を
続けたいと思っています。
大変なことも多いですが、がんばりましょうね。

コメント、とても嬉しかったです。
これからもどうぞよろしくお願いします。
☆しをんさん | 2013/01/12 09:12 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。