**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

吉野 松屋本店の「吉野拾遺」

作家向田邦子さんは、おいしいものに出会うと
その商品の説明やお店の住所を記したパンフレットや包装紙を
覚書として、抽斗にしまっておいたそうです。

   『「う」は「うまいものの略である。この抽斗をあけると、
    さまざまの切り抜きや、栞が入っている』


食いしん坊の私も、向田さんの真似をして自分の「う」の抽斗を作っています。
あ、でも私は箱に入れているので、「う」の箱ですね^^

       Img_6638.jpg

向田さんの「う」の抽斗にも入っていた
   吉野 松屋本店の「吉野拾遺」(よしのしゅうい)

奈良の特産品である吉野葛
その吉野葛に、うっすらと甘みをつけて飲みやすくした葛湯は
色々なお店のものがありますが、
私は松屋さんの「吉野拾遺」がいちばん好き。

 Img_6641.jpg

桜模様の薄紙をはがすと、
真っ白な葛の上に、型押しされたかわいい桜
もうそれだけで、顔がほころんでしまいます。 

 Img_6643.jpg

温めた湯のみに、桜のかたまりをコロンっと入れて
沸騰したお湯を注いでゆっくりかき混ぜると、
桜のあられが、ふわっ!と浮き上がってきます。この瞬間がうれしいの^^
 
 Img_6644.jpg

ちょっとのどが痛いと言っていた子やぎちゃん
帰ってきたら、葛湯を飲ませてあげましょう。

15:45 | お気に入り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。