**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

春を呼ぶ*お水取りの後で

12日 お水取りの後、後夜の大導師作法、後夜の咒師作法、
達陀(だったん)、晨朝(じんじょう)を局で聴聞しました。

IMG_7407 - omizutori2013

一日の行を終え「手水、手水」と叫びながら
登廊を駆けおりる練行衆。

「手水、手水」と叫ぶのは、練行衆が二月堂にいない間
天狗が来ていたずらをしないよう
「手水にいくだけですぐ戻るぞ!」と知らせる
ためだそう。

実は「下堂」まで、二月堂にいたのは今回が初めて。

須弥壇の周りを走って行う咒師作法や、
達陀の前に練行衆が“火天、水天”の装束に
着替える様子など、いままで知らなかった
内陣の様子も伺うことができました。

もう何年も通い続けている東大寺の修二会ですが
やはりこの期間の二月堂は、普段とは別世界。

静寂な闇の中にともされた灯り、声明の響き
差懸の音。
この祈りの空間では、時の壁を越えたような
不思議な感覚を覚えます。

00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。