**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

春を呼ぶ*尻つけ松明

IMG_7511-omizutori2013.jpg

「お水取り」も済み、今年の修二会もいよいよ最後を
迎えようとしています。

14日のお松明は、いつもより少し早い時間からはじまります。
初夜 上堂する練行衆のすぐ後を追うように、次の松明が上がることから
“尻つけ松明”“尻焦がし松明”と呼ばれています。

以前、すぐ近くで見たのですが、本当に前を行く練行衆のお尻に火が
着くんじゃないかと思うほどお松明の間が近くて、次々に上がる
お松明の迫力がすごかったことを覚えています。

今年は夕食の支度を終えてから出かけましたので、
ちょっと遅くなってしまい、舞台の南下から“尻つけ松明”を
見ることに。

IMG_7518 - omizutori2013

少しずつ暮れていく二月堂
午後6時30分、最初のお松明が登廊を上がっていきます。

IMG_7525 -omizutori2013

IMG_7542 - omizutori2013

舞台に並ぶお松明
今年は舞台の上から見ることが多く、火の粉が舞い落ちる
お松明を見るのは今年は初めて^^
やっぱり綺麗だわ~

IMG_7558 - omizutori2013

10本並んだお松明、掛け声とともに一斉に振られると
大歓声があがります。

IMG_7568 - omizutori2013

IMG_7569 - omizutori2013

最初のお松明が上がってから、わずか15分ほど。
尻つけ松明は、あっという間に終わってしまうけど
激しい炎の迫力と、降り注ぐ火の粉の美しさはやはり格別です。

IMG_7583 - omizutori2013

お松明が終わり、舞台を降りてくる堂子さん

IMG_7587 - omizutori2013

お松明上堂ののち、二月堂へお参りに。
奈良の街の灯り 澄んだ空に浮かぶお月様
大仏殿の大屋根のシルエットが綺麗に映る美しい夜です。

IMG_7597 - omizutori2013

00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。