**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ぼたん祭 石光寺

4月の中旬から「ぼたん祭」が開催されている葛城市

IMG_8920-sekkouji.jpg

冬の寒牡丹で有名な石光寺(せっこうじ)も
中将姫の伝説が伝わる御寺

境内に光る石があったため石光寺となりましたが
中将姫が蓮の茎で糸をより、この寺の井戸で五色に染めたと
伝わることから“染寺”とも呼ばれています。

IMG_8968-sekkouji.jpg

いまも残る〝染の井”  
傍らには染めた糸を掛けたという“糸掛け桜”が、
名残の花を咲かせていました。

IMG_8943-sekkouji.jpg

石光寺の牡丹もまたすばらしく
丹精込めたお庭に、いっぱいに咲く色とりどりの牡丹の花に
うっとり見とれるばかり。

IMG_8948-sekkouji.jpg

IMG_8960-sekkouji.jpg

新緑の山を背景に、あでやかに咲く牡丹の花

IMG_8957-sekkouji.jpg

「百花の王」にふさわしい品と美しさを持ち、その優雅で
華やかな美しさから〝富貴の花”とも呼ばれ、女性の幸せを願い
日本では振袖の柄としてよくつかわれるのだと
お聞きしたことがあります。

00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。