**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

紺紙金字華厳経~東大寺ミュージアムにて~

IMG_9712-todaiji.jpg

梅雨のなかやすみ
東大寺ミュージアムで開催中の「国宝・東大寺金堂鎮壇具のすべて」に
行ってきました。

期間中 7期にわけて展示替えが行われますが、現在は第4期の展示。

唐の実叉難陀が訳出した華厳経で、全八十巻が完存する
『紺紙金字華厳経』

大きな展覧会でたびたび出品されるものの、八十巻のうちの一部しか
展示されないので同じものを見る機会はほとんどなく、
今回出展されている巻も、私は初めて目にするもの。

金泥で書写された端正な文字は静けさをたたえ、細密画のような
見返し絵の美しさには、自然に掌をあわせたくなってしまいます。

そしてもうひとつ興味深かったのが、富岡鉄斎画の『重源上人勧進帳』
躍動感あふれる文字と画の妙とでもいうのでしょうか。

折しも7月5日は俊乗房重源上人の御忌「俊乗忌」
この機会にぜひ、ごらんになってください。


*東大寺ミュージアム 「国宝・東大寺金堂鎮壇具のすべて」    
           ・第4期の展示は、7月7日(日)まで
    
00:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。