**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

特別展「みほとけのかたち」

7月20日にはじまりました奈良国立博物館の特別展
「みほとけのかたち-仏像に会う」に行ってきました。

IMG_9824-narahaku.jpg

やさしい微笑みをたたえた仏さま
髪をさかだて怒りをあらわにする仏さま

衣の纏い方や衣紋、文様、体の色など外見も様々
時代によって素材や作り方もかわり、仏像に込められた
祈りの形をいまに伝えてくれます。

奈良博所蔵や寄託の仏さまで構成された今回の展覧会。

IMG_9881-narahaku.jpg

「なら仏像館」でおなじみ仏さまたちも、照明の違いで
その表情も変わってみえたり、より詳しい解説によって
少し視点を変えると、いままでとは違う魅力が発見できたり。

鎌倉時代 仏師 快成によって作られた愛染明王坐像は
治承の兵火で焼失した東大寺大仏殿の焼け残りの柱材を
使って作られており、奈良の歴史のひとこまに思いを
はせさせてくれます。

同じように東大寺大仏殿の焼け残りの柱材を使い
作られた地蔵菩薩立像が、なら仏像館に展示されていますので
ぜひ、こちらもご覧になってください。

仏教美術の魅力を広くそして深く紹介してくださる
奈良博の展覧会ですが、今回は仏像入門ともいえる
仏像により親しみを感じるような展覧会です。


*奈良国立博物館 特別展「みほとけのかたち―仏像に会う」
         ・2013年7月20日~9月16日(月)
00:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。