**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

富本憲吉記念館

今年のGWは、お天気に恵まれましたね。

GW中、子やぎは休日も部活動で学校に行っていましたので
くろやぎさんとふたりで、奈良 大阪で開かれている
書展や美術館をいろいろとまわりました。

「’08日本書芸院展」「古希記念 表千家而妙斎家元好み物展」
「青丹会書展」「杉岡華邨書道美術館 今井凌雪と門人展」
そして「富本憲吉記念館」

mg_9110.jpg

奈良県生駒郡安堵町の旧家に生まれた富本憲吉

"模様の芸術家”として知られる 近代陶芸の第一人者で
1955年 色絵磁器で、第1回重要無形文化財技術保持者に認定されました。

彼の生家を再生 改築し、
陶器、絵画作品をはじめ 書簡や資料を収蔵、展示しているのが
こちらの「富本憲吉記念館」

     Img_9177.jpg

素朴で温かみのある作風の「大和時代」
四弁花連続模様など、気品のある色絵磁器の作品を完成させた「東京時代」
色絵磁器にプラチナを混ぜた金銀を焼付け、華やかで風格のある作品を生みだし
また日常陶器の普及にも積極的にとりくんだ「京都時代」

自然を愛し、身近にある植物をモチーフに
洗練された作品を作りあげた富本憲吉の足跡を
奈良、東京、京都と過ごした時代ごとに分けて展示されています。

代表的な作品の他にも、富本家で実際に使われていた
日常食器や子供達が遊ぶおままごとのちいさな食器
奥様のためにデザインした着物や帯なども展示されていて
ご家族への愛情と、お人柄が感じられる美術館でした。

      mg_9104.jpg

記念館の庭には、東京から移されたという「定家蔓」が
大きな木をつたい絡まっています。
一輪だけ小さな花が 咲いているのを見つけました。

五月中旬になると、
富本憲吉作品のモチーフにもなった五弁の白い花が
空から降り注ぐように咲くのだそうです。
21:24 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。