**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ひとりぼっちの如来さま

日光・月光両菩薩さまが、東京におでかけになって5ヶ月
お仕事を終えて、もうすぐお帰りになるのを、心待ちにしています。

お留守のあいだ、金堂で一人ぼっちの薬師如来さまをお参りに
薬師寺にでかけてまいりました。

Mg_9628.jpg

昭和56年に復興された西塔
復興直後に見たときには、竜宮城のようなきらびやかな姿に
ちょっと面食らってしまったのだけど
30年経ったいま、東塔西塔 ふたつの塔は、
しっくりとなじんで ほんとうに美しい。
   
     Img_9638.jpg


時折吹く 強い風に
屋根の風鐸がカランカランと音をたてて揺れています。
この軽やかに響く音も、薬師寺さんに来る楽しみです^^

さて金堂の薬師如来さま
両脇には、日光菩薩・月光菩薩の等身大の写真パネルが置かれ
いちおう「薬師三尊像」のかたち(笑)

    Img_9644.jpg

でもさすが薬師寺の薬師如来さま
ゆったりと台座にお座りになった姿は堂々として
おひとりでも存在感いっぱい。

母の手術の無事と、手術を終え療養中のお友達の
一日もはやい回復をお願いしてきました。

帰りに、東僧坊に寄っていただいたものは
白鳳伽藍復興余材で作られた「文鎮」

薬師寺の白鳳伽藍再建のために使用された
樹齢1500年から2500年という用材の一部で
製材の時に出た端材を有効活用したものだそうです。

箱をあけると、爽やかな木の香り

  これは素敵!

お友達にも教えてあげようっと^^

薬師寺の境内では萩の花が咲き始めました。
しっとりと雨に濡れる萩の花
思いのほか 雨の似合う花だったんですね。

     Mg_9645.jpg

23:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。