**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

弘仁寺の算額

Mg_9954.jpg

「コウニンジって知ってる?正暦寺の方にあるらしいんだけど」

くろやぎさんの口から、お寺の名前がでるなんて
前代未聞の事態(ちょっと大げさだけど)がおきたのは4月のこと。

同僚と話しているうちに「和算」の話になり
奈良の弘仁寺には、SCIENTIFIC AMERICAN (日経サイエンス)にも紹介された
有名な「算額」が奉納されていると聞いてきたようです。

弘仁寺の近くに行く機会がありましたので
その算額を見に寄ってみました。

虚空蔵山の麓に佇む弘仁寺
「木造虚空蔵菩薩」を御本尊としておまつりしているので
地元の方には「高樋の虚空蔵さん」とよばれ親しまれています。
「十三参り」「黄金ちまき会式」で有名ですが、普段はとても静かなお寺です。

    Mg_9949.jpg

こちらが↑、本堂正面に掲げられた「石田算楽軒 奉納の算額」(安政5年)
               (奈良市指定有形民族文化財 )

    Mg_9952.jpg

おー!「SCIENTIFIC AMERICAN」に掲載されたページが
そのまま大きな絵馬に貼られて奉納されてる~!!

「算額」とは、神社やお寺に奉納された数学の絵馬のこと。
江戸時代、発展した日本独特の数学「和算」は、一般庶民に広まり
和算の問題が解けたことを神様や仏様に感謝し
算術のますますの上達を祈願して「算額」が奉納されました。

今年は日本の数学の発展に大きな功績を残した
数学者・関孝和(せきたかかず)の没後300年にあたり
各地で展覧会やイベントが開かれています。

今年の春、大阪海洋博物館「なにわの海の時空館」で開催されていた
「没後三百年祭記念 関孝和と和算の世界」展
“和算に挑戦してみよう”の問題に挑戦したくろやぎさん
送られてきたご褒美は、大坂清水寺算額復元奉納記念の絵馬

      Img_0875.jpg

ここにも和算の問題が!
「和算はね小学生の算数レベルで解ける(ハズ)だから、あなたもやってみたら?」

最近 物忘れや勘違いが多いワタクシ
「少しは頭の体操をしたら」ってことですよね(~_~;)

00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。