**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

瑠璃色

先日のお稽古でお借りしたお棗は
「波に千鳥」の金彩が施された瑠璃色のギヤマン

明日香に住んでいらっしゃるガラス作家さんのもので
蓋を開けると、ふわーっとお茶の香りが立ち
お茶の緑色と、深い青の色の対比がとても美しいお棗でした。

ついつい惹かれる“青いガラス”

これは琉球ガラスの青

       Img_0795.jpg

こちらは生駒の器屋さんで見つけた青い一輪挿し
    “海の底”みたいな青が気に入ってもとめたもの

   Img_0807.jpg

そして今年、ご縁があったのはこの「ガラスの帯留」

   Img_0816.jpg

ひょうたんが六つそろって「六瓢(むびょう)」

無病に通ずることから、無病息災を祈るお守りとして
絵や茶道具のなどにも多く用いられる意匠です。

お友達にお願いして、ガラス工芸の作家さんに作っていただきました。
ひとつひとつ色も形も、ちょっとずつ違うものが出来上がって
私に届いたものは、瑠璃色のひょうたんがひとつアクセントになったこの帯留

この夏の青との出会いに感謝

22:21 | お気に入り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。