**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『和の美』三人展

蒔絵・古典日本画・截金という日本の伝統工芸を受け継ぐ
3人の若い工芸師さんよる素敵な作品展が、京都祇園の裏路地にある
町屋ギャラリー「空(スペース)鍵屋」で、今日からはじまりました。

00007.jpg

   『和の美 ~蒔絵・古典日本画・截金~』  
       
       蒔絵師    十亀英也
       古典日本画 『月虹庵』 鶴田朋文 
       截金師    齋藤一陽

       *2008年10月9日(木)~10月15日(水)
         11:00~20:00(最終日15:00まで)
       *場所 「空(スペース) 鍵屋」
         京都市東山区祇園町南側花町570-107

     *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆  *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

初日の今日、さっそくこちらに伺い「三人展」を拝見いたしました。

截金や仏画といった繊細で優美な仏教美術の技を生かしつつ
ガラスワークなど新しい素材との組みあわせや、表具、表装を工夫することによって
私たちにもより身近に使える作品を生み出してくださいました。

確かな技術、そのしっかりとした土台があるからこそ、
そこから自由な発想で生み出される作品は
とても洗練された美しさと感動を、与えてくださるのだと思います。

会場では、齋藤一陽さん、鶴田朋文さんにお会いすることができました。
お二人とも、まだお若くてとてもチャーミングな方^^
奈良ともご縁が深く、意外なところで繋がっていたりして(笑)

秋の京都、祇園の素敵なギャラリーでの作品展
ぜひ、ご覧になってください。
23:00 | 京都 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。