**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

京都へ

    Img_0933.jpg

三連休の初日、くろやぎさんと京都岡崎で開催されている展覧会に
行ってきました。

まずは京都市美術館で開かれている『読売書法展』へ

年に一度、現代書壇の最高峰の書を、間近に見ることの出来る機会ですから
くろやぎさんとふたり、毎年楽しみにしている展覧会です。

8月の東京展から11月の北海道展まで全国8ヶ所で開催されるのですが
その会場ごとに記念企画展が同時開催されます。
関西展の記念企画展は「王義之に学ぶ」

王義之は歴史上、最も偉大な書家として知られ「書聖」として崇められ
後世の書に大きな影響を与え、奈良平安時代の日本の書も
王義之を源流として生み出されたと言われています。

今回の企画展では「十七帖」「蘭亭序」「集字聖教序」といった刻帖をはじめ
王鐸、傳山、良寛、池大雅の真跡が展示され、歴史の中で王義之書法が
どのように学ばれてきたかを知ることができる貴重な機会となりました。

次に向かったのは細見美術館で開催されている
日本・インドネシア共和国国交50周年記念
『インドネシア更紗のすべて ─伝統と融合の芸術』展

ジャワ更紗の歴史、繊細な文様と鮮やかな色彩に込められた意味
時代、地域によっても特徴が大きく異なるバティック柄
とても魅力的な布にたくさん出会うことができました。

うーん、楽しかったけど、1日ふたつの展覧会をみるのって
やっぱり疲れます。。。。
23:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。