**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

着物のあとさき

     Img_3332.jpg

一昨日のお茶会は、ちょうど「初午」の日でしたのでお席も「初午」の趣向
茶碗は「赤 宝珠絵馬上杯」 棗は「鈴蒔絵」 干菓子には「白狐」と
お稲荷さんのハレの日にふさわしい取り合わせでした。

「初午」を知ったのは、実は関西に来てから。
全国にあるほとんどの稲荷神社が総本宮としている京都伏見稲荷大社が
近くにあるからでしょうか。関西では「初午の日」に福参りを行うと、
普通の日の数倍の福が得られるとされ、たくさんの方が「五穀豊穣・商売繁盛」を
願いおまいりされるようです。

初午の日 奈良では“お稲荷さんのお祭り”というより
お寺で厄除け法要が営まれることが多いようですね。

 * * * * * * * * * *

ここのところお茶会もふくめて、着物でのおでかけが続きました。
さほど多くの着物や帯を持っているわけではないのですが、
それでも帯揚げや帯締めを、あれこれ合わせながら準備をするのは とても楽しくて
「あっ!この組み合わせは、上巳の節句の頃にいいかも」なんて
大発見をしたかのように一人で喜んでいます。

同じように後片付けをするのも、とても好き。
今日はひさしぶりにゆっくりした時間が持てたので、半襟をはずして洗ったり
お洗濯した肌襦袢やすそよけに、いつもより丁寧にアイロンをあてたりと
半日がかりで着物まわりの小物の後始末。

「洗った半襟は脱水したらすぐアイロンをかけて、すぐに長襦袢に縫い付けましょう。」
M田先生のおっしゃるとおり、半襟をすぐに付けておくと
後始末と準備が一緒にできて、次に着物を着るとき準備がとても楽ですよね。

 Img_3328.jpg

半襟付けに使ったのは、お友達からもらった「ニコニコ印の絹しつけ糸」
へのへのもへじ・・・かと思ったら「じ」が見つからないんだけど(笑)

「梅花一枝春」
今月は着物でのお出かけが多くなりそうです。
22:00 | 日々是好日 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。