**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『入江泰吉 大和歳時記』

       3353.jpg

豊かな自然に守られてきた大和の地
山川草木、自然そのものを神さまや仏さまとして手を合わせ
願いを込めてきた大和のひとびと。いにしえより受け継がれ、
いまも人々の祈りをささえる祭事が、奈良にはたくさん残っています。

いま奈良市写真美術館で開催されている展覧会『入江泰吉 大和歳時記』では
四季折々の伝統行事とそれを伝えてきた人々の姿が
約140点の作品で紹介されています。

奈良に住み始めて20年ほど。
「修二会」や「おん祭」など、有名な行事にはよく行くのですが(近くだしね^^)
少し遠い場所だったり、夜に行われるものにはほとんどなじみがなく
まだまだ知らない伝統行事もたくさんあるんです。

「吉祥草寺左義長(茅原のトンド)」の大トンドのすごい迫力!
豊作と子孫繁栄を祈って天狗とお多福が夫婦和合の所作を演じる神事
「飛鳥坐神社のおん田祭」のおおらかさ

「長谷寺のだだおし」の鬼のユーモラスな表情や
「金峰山寺の蛙とび」の蛙さんが、団扇を片手にひとやすみしている姿など
おもわず笑ってしまうような楽しい写真もあって、
とても興味深く見せていただきました。

 * * * * * * * * * * * *

    入江泰吉記念 奈良市写真美術館 『入江泰吉 大和歳時記』
                 ~季節を彩る伝統行事~
               (平成21年1月4日~3月22日まで)


2月14日(土)には、写真美術館学芸員にさんによる公開講座
「入江泰吉とお水取り」も開かれます。

    mg_3135.jpg
           
22:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。