**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

桜暦2009 ~奈良八重桜~

mg_5207.jpg

   いにしへの 奈良の都の八重桜
             けふここのえに匂ひぬるかな


和歌に詠まれる奈良八重桜(ならのやえざくら) 
“奈良に咲く八重桜”ではなく、「奈良八重桜」という銘をもつ
小ぶりで可愛らしい遅咲きの八重桜

ソメイヨシノの桜前線が通り過ぎると、「もう桜は終わり」というかんじになってしまうけど
やっぱり奈良では、「奈良八重桜」の花の盛りまで桜を楽しみたいもの。

     mg_5185.jpg

奈良八重桜の咲いている場所として転害門(てがいもん)、登大路脇は
よく知られるところとなりましたが、
奈良公園内でも咲いている場所はたくさんあって、私がよく行くのは
奈良県新公会堂の北、若草山の山麓にあるちょっと奥まった所

Img_5205.jpg

Img_5192.jpg

                   Img_5191.jpg

ここは奈良八重桜と「御車返し(みくるまがえし)」ともよばれる九重桜が
たくさん植えられていて、染井吉野が散ったあと二種の桜は
上手に主役を交代させて咲き継いでいきます。

       Img_5204.jpg

特に秘密の場所ではないのだけど、うつむきかげんに咲く奈良八重桜は
おとなしすぎて満開になってもあまり目立たないせいか、
観光客の方も気づかずに通り過ぎてしまいます。

Img_5210.jpg

ここにある奈良八重桜は名札もないし、立派な大木ばかりで
花もずーっと上の方に咲いているので、なおさらかな。

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

緑萌ゆ奈良 日に日に緑鮮やかになってきました。

Img_5232.jpg

         飛火野近くの藤棚には、藤紫の花がこんなに

             Img_5228.jpg

                花の主役は、そろそろ桜から藤へ
22:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。