**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

東大寺本坊のお庭

Img_9298cyakai.jpg

春の華厳茶会では、本坊奥殿にお家元席がもうけられますが、
この季節、待合から見る本坊のお庭は、
新緑につつじや杜若の花が色鮮やかに映え、とても美しいのです。

左奥に見える銅板の屋根は、聖武天皇像がお祀りされている天皇殿
その手前に見える白い石橋は「眉間寺(みけんじ)」の石橋

聖武天皇がお祀りされている佐保山御陵に保管されていた「眉間寺」の石橋ですが
平成18年にこちらの本坊のお庭にうつされました。

 + + + + + + + +

本坊奥の間はお濃茶のお席
床には玉舟和尚筆の「吹毛剣」が掛けられ、大ぶりの青磁の花入れには蕾の牡丹
華やかというより凛々しく爽やかな景色

お道具のすばらしさもさることながら、いただいたお茶の美味しかったこと!

お茶をたしなんでいながら、カフェインにとても弱くて濃茶がちょっと苦手なわたし
今回は一碗を3人でいただいたのですが、あまりに美味しくて
全部飲み干してしまいそうになっちゃった(笑)

私はいつになったら、こんな美味しいお茶を練ることができるんだろう。。
まだまだ道は遥か遠く。日々精進のみ。

00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。