**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

富本憲吉の装幀本

   Img_9864tomimoto.jpg
 
近代陶芸の巨匠、富本憲吉
陶芸以外のさまざまな世界でも、その才能を花開かせた芸術家ですが、
富本憲吉が手がけた同人誌や月刊誌、歌集などの表紙のデザインを紹介する特別展が
生家のある奈良県安堵町の「富本憲吉記念館」で開催されています。

この方もお好きなんじゃないかと思いお誘いしたところ
富本憲吉作品が大好きだということで、一緒に行ってきました。

ふるさとの風景や名もなき草や木。
自然と対話することで生み出された独創的なデザインは、本の装丁にも取り入れられ
陶磁器とはまたひと味違った色の組み合わせがとても斬新!

おなじみのアザミ模様や蔓植物をモチーフにしたものや
ニュアンスのある題字がデザインされたものなど、
版画や墨彩画などで描かれた本およそ90冊展示されていますが、
どれもとてもモダンでおしゃれなデザインばかり。

常設展示では、代表作の色絵の大壷や大皿などが展示されていますが、
暮らしの中に美しさを取り入れることをテーマにしていたというだけあって
日常食器や奥様のためにデザインした着物や帯留など
富本憲吉自身のお人柄を感じさせる作品に、とても魅かれます。
(あの白磁のコーヒーセット、いつ見て、本当に素敵♪)

Img_9858tomimoto.jpg

          Img_9862tomimoto.jpg

                     Img_9857tomimoto.jpg

常設展示のほかに、富本憲吉が実際に過ごしていたという
“離れ屋”も見ることができます。

tomimoto1.jpg

富本憲吉の美意識がお部屋のあちらこちらに・・・

Img_9878tomimoto.jpg
                  Img_9869tomimoto.jpg

       《富本憲吉記念館》

        *奈良県安堵町東安堵1442
        *℡0743-57-3300
        *開館時間 午前10時~午後5寺
        *休館日 火曜日・8月1日~10日、12月21日~1月4日

          特別展「富本憲吉の装幀本」は6月28日まで

来年早々、ひさしぶりに奈良県立美術館では「富本憲吉展」が開催されます。
こちらも楽しみですね。

00:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。