**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

和紙好き

先日行った京都「一保堂茶舗」の本店
店舗に併設された喫茶「嘉木」では、とっても良心的なお値段で
お茶とお菓子を楽しめるので、よくお友達と行くのですが
本店ならではのお買い物も楽しみのひとつ。

Img_0004.jpg

京都限定のお茶をいつも買ってくるのですが
一保堂さんは商品を包む包装紙が、とっても素敵なんです。

一保堂のHPによると、世界で初めて著された茶の専門書「茶経」 の
「茶は南方の嘉木なり」という冒頭部分が印刷されているのだそうですけど、
こういうの包装紙、大好きなんですよね^^

近鉄奈良店の一保堂さんでも、お茶を買うことがありますが、
同じように「茶経」が印刷された包装紙なのに
本店で包んでいただくのと紙の質がちょっと違って、つるんっとした合成紙
本店さんの包装紙は、和紙に印刷されていて、グレードがぜんぜん違うんだもん。

                Img_9375.jpg

Img_0005.jpg

なので、紙好きの私としては、なるべく京都の本店でお買い物
(で、その包装紙 何に使うの?)

箱に貼ったり、ポチ袋を作ったり・・・
和紙だと皺もいい景色になるので、色々と使い道があるんですわ^^

「そんなん知らんと捨ててましたわ。」というそこのお方
私のためにぜひ、とっておいてね(笑)
00:00 | お気に入り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。