**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

夏の萬葉植物園 その2

萬葉植物園では、いま「大賀ハス」が見頃を迎えています。

Img_0643manyou.jpg

「大賀ハス」は、ハスの研究家で知られる故・大賀博士が、
千葉県検見川の弥生時代の遺跡で発掘した種子を
二千年もの時を経て甦らせることに成功した古代ハスの一種

      Img_0634manyou.jpg

土の中で二千年眠っていた種子が、ふたたび花を咲かせるなんて
ハスの生命力の強さには本当に驚かされますね。

解説文によると、観賞用に用いたハスの記録は食用ハスよりも古く
奈良天平時代には、宮中で「観蓮の宴」が催されていたのだそう。

Img_0648manyou.jpg

こちらは、万葉人も眺めたという「原始ハス」
大賀ハスに比べ、少し小ぶりで可愛らしいピンク色の花

いちばん見たかった「青ハス」は、咲いていた一輪が散ってしまったところで
今回は見ることができませんでした(涙)

      Img_0709manyou.jpg

透明感のある真っ白な蓮の花
まだ蕾もいくつか上がっていたので「これから8月中旬までまた咲きますよ」とのこと。
これは、リベンジしなくては!

   *大賀ハスの見頃は、7月いっぱい。
   *原始ハス、青ハスは、8月まで楽しめるそうです。

00:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。