**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『杣づと』

Img_1493youkan.jpg

『万葉の時代、飛鳥の軽(かる)の市や、三輪山の麓・海石榴市(つばいち)では
 山の幸と平野の幸が交換され、人々は異なる世界の妙味を知りました。
 こうした時、山中の味のなかには必ず栗や柿、あるいは柑、橘、梨の
 「五果」に選ばれた果実がありました。
 このような山の幸の贈り物は「そまづと」と呼ばれてきました。』


東吉野小川にある御菓子司「西善」の銘菓『杣づと(そまづと)』

羊羹に吉野の地の栗を加え、現代の「そまづと」として
作り出された吉野の栗羊羹は、甘さを抑えしっとりと上品な味。
1本丸ごと食べてしまいそうなくらい、美味しい♪

Img_1549youkan.jpg

「このお菓子屋さん、ちょっと気になるなぁ」と、
白い暖簾のかかった趣のあるお店の前で、車を止めたマルクまま。

「きっと美味しいものがあるに違いない!」
そうつぶやいた、あなたのするどい嗅覚に脱帽です(笑)
00:00 | お気に入り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。