**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「采女祭」古の悲哀をしのぶ

    Img_1970uneme.jpg

昔、時の帝に仕えていた采女(女官)が、帝の寵愛がさめたのを嘆き
池に身を投げて命を絶ったという伝説の残る猿沢池

人々は采女の霊を慰めるために、猿沢池の辺にお社を建てたのですが
入水した池を見るのは忍びないと、一夜のうちにお社が池に背を向けたといいます。

この悲しい伝説の残る「采女神社」で
毎年、中秋の名月に行なわれる「采女祭」(うねめまつり)

猿沢池には、龍頭船が浮かべられ采女祭の準備も整いました。

Img_1975uneme.jpg

この采女祭も近年は、観光のための華やかな行事に様相がかわってしまい
采女神社には“縁結び”のこんな絵馬まで登場

                 Img_1966uneme.jpg

Img_1969uneme.jpg

“采女神社と縁結び”
なんだか私には理解できないんだけど・・・

23:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。