**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「これでいいのだ」

気がつくと11月もはや20日
あー、なんて早いんでしょう。。。。
ぼやぼやしていたら、あっというまに年末になっちゃいそう。

1年を振り返るには、まだ早いけど
今年、特に印象に残ったこのCM


   「あなたでいいのだ!」


バカボンのパパの名ゼリフ「これで「いいのだ!」

こどもの頃から、何度も聞いているセリフなのに
あらためて聞くと、とっても哲学的。

でも、バカボンのパパは、
「そんなふうに難しく考えなくていいのだ。」って言うんだろうな^^



   Img_2697manyou.jpg

さて、参考書のようなこの本

Img_2698manyou.jpg

            Img_2700manyou.jpg

バカボンのパパやひみつのアッコちゃんが
万葉集を楽しく紹介するMANGAなのだ。

Img_2702manyou.jpg

古典入門といっても、そこは赤塚流ならでは。
万葉集には恋のうたもたくさんあるから、大人の私でも
「えーっ、そんなこと書いちゃっていいの~」とおもわず赤面してしまう
場面もあったりして(//・_・//)

この古典入門シリーズ
源氏物語、枕草子、奥の細道など全8巻
マンガではあるけれど、有名なサワリの部分は現代語訳のついた原文で
味わえるし、鑑賞のポイントや重要語句や文法の解説もあるので
資料としても、なかなかのすぐれもの

赤塚不二夫センセイ
調べてみたら、学習漫画をたくさん描いていらしゃるんですね。

バカボンのパパやレレレのおじさんに、おもしろおかしく解説してもらうと
なにやら難しい古典文学のハードルも、ちょっと低くなったような気がして
すんなり理解できるから、漫画のチカラってすごいな~って思います。

歴史を学ぶには、マンガと宝塚が一番!
って、ちょっといいすぎかな?笑

 赤塚センセイ公認サイト「これでいいのだ」はこちら→
00:00 | 日々是好日 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。