**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

見合わせ紅葉(もみじ)

桜咲く季節に読んだ新聞コラムで、江戸の昔には
「見合わせ桜」という言葉があったと教えられました。

遠方の桜の開花を知るために、開花を同じくする近くの桜を見定め
「見合わせ桜」と呼んだのだそうです。

奈良の春日神社で大鳥居の左右にある一対の桜は吉野山の「見合わせ桜」と
されていたそうで、鳥居の傍らで花を仰ぎつつ人は、満山これ桜の吉野山を
脳裏にえがいたのであろう。


この奈良の春日神社の大鳥居が、春日大社の一の鳥居のことなのかどうか
わかりませんが、現在の一の鳥居の左右に一対の桜はなく、向かって右手に
少し小さい桜の木があるだけ。

「見合わせ桜」・・・とても素敵な言葉
吉野山の見合わせ桜、いまも奈良公園のどこかにあったらいいのになぁ。


Img_2880momiji1.jpg

春日大社 一の鳥居の横にある立派な楓
私はこの楓が真っ赤に色づくのを、毎年楽しみにしていて
この紅葉をひそかに「見合わせもみじ」と呼んでいます。

Img_2884momiji2.jpg


Img_2885momiji3.jpg

この楓が真っ赤になると、奈良公園内のもみじや楓が紅葉の見頃を迎え
奈良公園は鮮やかな錦に彩られます。

この週末が、奈良公園の紅葉狩のピークだと思うので
今日はいつもより、写真大きめ+多めです^^

Img_2888momiji4.jpg

一の鳥居横 「名勝奈良公園」の石碑のある石段を登ると
「江戸三」「青葉茶屋」といった趣のあるお宿がありますが、
片岡梅林にかけて、この辺りの紅葉もいま真っ赤か。

浮雲園地に行くと、吉城川にそって並ぶ紅葉もとてもきれい!

Img_2900momiji6.jpg


Img_2904momiji8.jpg


Img_2894momiji5.jpg


Img_2903momiji7.jpg


Img_2908momiji9.jpg

奈良県新公会堂のお庭の楓と山茶花

Img_2914momiji10.jpg


Img_2915momiji11.jpg

今年の紅葉は色づくのが早めでしたが、寒さがやわらいだため
色づきのペースがちょっぴり落ちて、紅葉が長く楽しめるようですね。


23:00 | 花便り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。